【手作りケーキのレシピ,お菓子の作り方】

おさびし山のホームメードケーキ
おさびし山のホームメードケーキ
メンバー用ページメンバー特典のご紹介
Home ケーキレシピ 過去のコラム 道具専科 カロリー計算 What's New 自己紹介 リンク
秋のお菓子 レシピ  
Google
 
Web www.osabishi.jp
インフォメーション
 
 生キャラメル
 
     
家で作るケーキやお菓子は、まず手軽にできること。そして作る人と食べる人がハッピーになれることが大切だと、私達は考えます。そんな楽しさを多くの方に味わっていただけるように、アイデアあふれるオリジナルのケーキレシピや、ユニークな材料を使ったケーキのレシピ、お菓子の作り方をご紹介しています。くわしくはケーキレシピをご覧ください。

さらにメンバーになっていただくと、初心者の方からかなり作れる方まで楽しんでいただける、いくつかのコースをご利用いただけます。たとえばケーキ・お菓子作りの基礎から学べる「初心者コース」。基礎から応用へ向かう「ステップアップコース」など。もしわからないときには、メールで気軽にお問い合わせいただけます。
詳しくはメンバー特典のご紹介のページで!

ケーキを作るときのちょっとしたコツや雑学、その他飲食関係を中心に、なるほどというお話や情報を幅広く集めたコラムをのせています。毎月さまざまな内容についてお伝えしていきますのでご期待ください。
以前の記事は過去のコラムにあります。


 ・お菓子・パン作りの総合サイトcotta 専門店ならではの豊富な品揃え!購入者の生の声も参考になります。
 ・LeTAOのドゥーブルフロマージュ デパートの北海道展でも人気のチーズケーキです。
 ・食後のガトーショコラは衝撃の66kcal!!「ローカロ生活」へGO! おいしくてローカロリーの食品がたくさん。
 


コラム  
  栗とその上手なゆで方  
 

秋の代表的な味覚のひとつ栗。その甘さと風味はご飯に炊き込んでもよし、お菓子に使ってもよし、秋を感じさせてくれます。今回はその栗と上手なゆで方についてご紹介します。

ブナ科クリ属の栗は、北半球の温帯地域にひろく分布し、古代から各地で親しまれてきました。品種改良もさかんに行われており、ゆでたり焼いたりして食べるほか、料理やお菓子でもいろいろ使われています。

大きく分けて世界で食べられている栗は、次の種類があります。
日本栗:自生しているシバグリをもとにいろいろ改良され、さまざまな種類が栽培されています。縄文時代から食用とされており、平安時代には、蒸して粉にした平栗子(ひらぐり)や乾燥させて皮をとった搗栗子(かちぐり)などの保存食として使われました。
大粒で美しく風味もよいのですが、やや甘味が少なく、渋皮がはがれにくいという欠点もあります。栗ご飯や栗きんとん、甘露煮,栗蒸しようかんなどいろいろな料理に使われます。
ヨーロッパ栗:イタリア,スペイン,フランスなどおもに地中海沿岸で栽培されています。中粒で渋皮ははがれやすく、日本ではマロングラッセの原料として有名です。
マロングラッセは、むいた栗を何度も砂糖液につけて煮て、表面に糖衣をつけたものです。作っているときにこわれやすく、また完成に時間がかかるので、とてもグレードの高いお菓子とされています。
中国栗:小粒で甘味が強く、渋皮離れがよいのが特徴です。天津甘栗で有名ですね。
天津甘栗とは石焼芋のように栗を皮ごと小石の中で焼くのですが、焼いているときに水あめをかけます。これは甘味を増すためではなく、光沢を出し、皮をはがれやすくし、焼いているときの破裂を防ぐためです。

次に栗の上手なゆで方をご紹介しましょう。栗をよく洗い、かぶる位少なめの水で20〜30分、中火で水からゆでます。ゆで上がったらしばらくそのままにしておきアクをぬきます。
煮汁が冷めてから栗を包丁で半分に切り、スプーンで中身をくり出します。裏ごしした栗は冷凍保存がききます。ラップに包み保存袋に入れて冷凍保存してください。1ヶ月位で使い切るようにしましょう。解凍は自然解凍か、レンジの弱でゆっくりおこなってください。
また栗を形のまま使いたい場合は、包丁を使って皮をむきます。包丁の刃元で底のざらざらした部分をむき、そこから包丁の刃を使って皮を引っ張るようにして、頭のとんがりのほうへむくと、うまくむけます。

《このコラムは以前掲載したものを再掲載しています》

 
     

メール
ご意見,ご感想をお気軽にお寄せください。

   
  おさびし山ファーム アクセスカウンター

企画・制作 フェリス・コンダクツ
Copyright © 1999-2017 Ferris Conducts&Kaoru, All rights reserved.