【手作りケーキのレシピ,お菓子の作り方】

おさびし山のホームメードケーキ
おさびし山のホームメードケーキ
メンバー用ページメンバー特典のご紹介
Home ケーキレシピ 過去のコラム 道具専科 カロリー計算 What's New 自己紹介 リンク
クリスマス レシピ  
Google
 
Web www.osabishi.jp
インフォメーション
 
 生キャラメル
 
     
家で作るケーキやお菓子は、まず手軽にできること。そして作る人と食べる人がハッピーになれることが大切だと、私達は考えます。そんな楽しさを多くの方に味わっていただけるように、アイデアあふれるオリジナルのケーキレシピや、ユニークな材料を使ったケーキのレシピ、お菓子の作り方をご紹介しています。くわしくはケーキレシピをご覧ください。

さらにメンバーになっていただくと、初心者の方からかなり作れる方まで楽しんでいただける、いくつかのコースをご利用いただけます。たとえばケーキ・お菓子作りの基礎から学べる「初心者コース」。基礎から応用へ向かう「ステップアップコース」など。もしわからないときには、メールで気軽にお問い合わせいただけます。
詳しくはメンバー特典のご紹介のページで!

ケーキを作るときのちょっとしたコツや雑学、その他飲食関係を中心に、なるほどというお話や情報を幅広く集めたコラムをのせています。毎月さまざまな内容についてお伝えしていきますのでご期待ください。
以前の記事は過去のコラムにあります。


 ・お菓子・パン作りの総合サイトcotta 専門店ならではの豊富な品揃え!購入者の生の声も参考になります。
 ・LeTAOのドゥーブルフロマージュ デパートの北海道展でも人気のチーズケーキです。
 ・食後のガトーショコラは衝撃の66kcal!!「ローカロ生活」へGO! おいしくてローカロリーの食品がたくさん。
 


コラム  
  チョコレート〜その歴史と効能〜  
 

今回はチョコレートの基礎知識と意外な効果についてご紹介します。

チョコレートはカカオの中のタネの部分であるカカオ豆から作られます。カカオ豆を炒って砕き、皮を除いてペースト状にすりあわせたカカオマスと呼ばれるものを冷やしてかためたのがビターチョコレートで、独特の芳香と渋みが特徴です。このビターチョコレートにココアバターや砂糖を加えて練り固めたのがスイートチョコレート、さらにミルクを加えたものがミルクチョコレートと呼ばれています。

カカオはもともと中南米が原産地で、紀元前から栽培されていたことがマヤの遺跡などからわかっています。アステカではチョコラトル(カカオの水)としてカカオマスを水で溶いたものを飲んでいましたが、主に薬としていたようでとても苦く、今のチョコレートとはかなり異なるものでした。
その後16世紀にスペインのコルテスがカカオを持ち帰りましたが、不老長寿の薬として長くスペイン王室門外不出とされていました。17世紀にスペインの王女がフランス王室に嫁いだことからヨーロッパに広がり、砂糖を入れてかためる現在のチョコレートができていきました。

今はお菓子の代表的存在ですが、実は薬として重宝されてきた歴史が長いのです。そして最近チョコレートにいろいろな効能があることがわかってきました。赤ワインに含まれるポリフェノールが体にいいと評判ですが、実はチョコレートにも大量のポリフェノールが含まれているのです。ミルクチョコレート100gに約0.8g含まれています。(赤ワイン100cc:0.3g,緑茶100cc:0.1g)
このポリフェノールは、コルステロール値を下げて動脈硬化を防ぐほか、がん細胞に働きかけてがんを抑えたり、アトピー性皮膚炎などアレルギーの原因となる抗体の生成を抑え、予防するとともに症状を軽くする可能性も示されています。
また体のストレスへの反応を抑え、気持ちを穏やかにするとともに、集中力や記憶力を高めるという実験結果もでています。さらにチョコレートの脂肪は他の脂肪に比べて体に摂取されにくく(70〜80%程度)、虫歯も抑えるとまるで夢のような食品なのです。
もちろん食べすぎはいけませんが、適度にとれば虫歯や太ることを心配せず、健康な生活がおくれること間違いなしです。

最後に、よいチョコレートとはつややかな肌合い、口解けのやわらかさ、特有のほろ苦さ・香ばしさの全てを兼ね備えたものです。ぜひお気に入りの一品を探してみてください。

《このコラムは以前掲載したものを再掲載しています》

 
     

メール
ご意見,ご感想をお気軽にお寄せください。

   
  おさびし山ファーム アクセスカウンター

企画・制作 フェリス・コンダクツ
Copyright © 1999-2017 Ferris Conducts&Kaoru, All rights reserved.